メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

新規RAS阻害薬の開発に成功:細胞膜透過性ペプチドを活用

 2021年05月12日 14:49
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科教授の上田浩氏らは、細胞膜透過性蛋白質に注目し、新たなRAS阻害薬を開発したことをCell Chem Biol2021年5月4日オンライン版)で報告した。

 RAS蛋白質は悪性腫瘍の約30%で活性型に変異し、がんの増殖や転移を促進する因子として機能するため、RASの阻害によりさまざまながんを抑制することが期待される。同氏らは、RAS結合ドメインに細胞膜透過性ペプチドの修飾を加えることにより、細胞膜を透過しRASを強く阻害する薬剤を見出した。KRAS G12C変異を標的とした薬剤としてソトラシブがあるが(関連記事「ソトラシブ、KRAS G12C変異陽性の切除不能進行NSCLCで国内承認申請」)、同薬はG12C変異型RASだけでなく、G12V、G12Dなどの変異型RASを阻害することが確認された。

 本剤を基本骨格にしてさまざまな改良を加えることで、将来的に革新的な抗がん剤に発展することが期待できるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  新規RAS阻害薬の開発に成功:細胞膜透過性ペプチドを活用