メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

軽症COVID-19の心障害は小さい

英・医療従事者の前向き症例対照研究

 2021年05月12日 15:54
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 軽症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって生じる心機能障害は回復後も継続する可能性は低いようだ。英・Barts Health NHS Trust/University College LondonのGeorge Joy氏、Jessica Artico氏らは、同国の医療従事者を対象に軽症のCOVID-19後に生じる心血管系の変化について検討した結果を、J Am Coll Cardiol Img2021年5月8日オンライン版)に報告。「軽症患者では新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染が心臓の構造や機能に及ぼす影響が感染6カ月後まで継続する可能性は低い」と述べている。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  軽症COVID-19の心障害は小さい