メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

術前ペムブロ+化学療法で高リスク早期TNBCのEFSを有意に改善:KEYNOTE-522

 2021年05月14日 11:42
プッシュ通知を受取る

 米・Merckは5月13日、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象とした第Ⅲ相試験KEYNOTE-522において、術前化学療法における抗PD-1抗体ペムブロリズマブの上乗せにより共主要評価項目の無イベント生存(EFS)を有意に改善したことを発表した。TNBCに対する術前/術後補助療法において、免疫チェックポイント阻害薬によるEFSの有意な改善は初めてだという。

 KEYNOTE-522試験は高リスクの早期TNBCを対象に術前化学療法におけるペムブロリズマブの上乗せ効果を検討。もう1つの主要評価項目である病理学的完全奏効(pCR)の有意な改善は既に示されている(関連記事「米・高リスク早期TNBCへの術前ペムブロ+化学療法を非承認」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  術前ペムブロ+化学療法で高リスク早期TNBCのEFSを有意に改善:KEYNOTE-522