メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

国際がんゲノムプロジェクトICGC-ARGOに国がんのMONSTAR-SCREENが参加

 2021年05月18日 11:13
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターは5月17日、広範な固形がんの患者を対象とした全国がん遺伝子診断ネットワークであるMONSTAR-SCREENが、2021年2月よりInternational Cancer Genome Consortium-Accelerating Research in Genomic Oncology(ICGC-ARGO)に参加したことを発表した。

 ICGC-ARGOは、10万症例のがんのゲノムデータを集積し、豊富な臨床情報とともに解析を行うことにより、がん撲滅に向けた重要かつ未解決の課題に取り組む国際的プロジェクト。同プロジェクトにMONSTAR-SCREENが参加することで、国際的データベースの構築に貢献し、がんゲノム医療の発展に寄与することが期待される。なお、ICGC-ARGOの中枢を担うexecutive boardの初の日本人メンバーとして、MONSTAR-SCREENの研究代表者である同センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏が選出された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  国際がんゲノムプロジェクトICGC-ARGOに国がんのMONSTAR-SCREENが参加