メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

閉経後乳がん治療薬エキセメスタンが欠品・出荷調整へ

 2021年05月18日 11:07
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本癌治療学会は5月17日、閉経後乳がんに対するすアロマターゼ阻害薬エキセメスタン(商品名アロマシン)の供給に関するファイザーのリリースを公式サイト上で公開した。

 同リリースによると、原薬であるエキセメスタンの海外製造所において、製造販売承認書に登録されていない保管施設を一時的に使用していることが判明。品質上への影響はないものの、承認書との齟齬を考慮し、出荷を一時的に保留せざるを得ないと判断された。140錠包装は2021年6月上旬以降しばらく欠品となり、28錠包装は代替需要を踏まえて出荷調整が行われるという。

ワンクリックアンケート

月末に期限迎える緊急事態宣言。どう考える?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  閉経後乳がん治療薬エキセメスタンが欠品・出荷調整へ