メニューを開く 検索 ログイン

搬送困難なコロナ禍、高血圧治療継続を

2021年05月19日 05:10

2名の医師が参考になったと回答 

 今年(2021年)5月1日現在、兵庫県における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者数は高止まり状態にあり、重症例の搬送先が決まらないなど救急医療が逼迫している。こうした状況の下、勝谷医院(同県)院長で大阪大学大学院臨床遺伝子治療学招聘教授の勝谷友宏氏は、脳心血管疾患発症患者の受け入れにも影響が及ぶと指摘。受診控えの患者に対し院内の感染症対策を説明した上で、なぜ高血圧治療が必要なのかをあらためて確認するなどの日本高血圧学会の取り組みについて、第9回日本臨床高血圧フォーラム(5月15~16日、ウェブ開催)で紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  搬送困難なコロナ禍、高血圧治療継続を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536439 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外