メニューを開く 検索 ログイン

6年ぶり改訂、過敏性腸症候群GLのポイント

2021年05月19日 18:05

11名の医師が参考になったと回答 

 昨年(2020年)7月、過敏性腸症候群(IBS)の診療ガイドライン(GL)が6年ぶりに改訂され、初版ではIBS治療に用いないとされた抗菌薬が推奨に変更された。東北大学心療内科学教授でGL作成委員会委員長の福土審氏は第107回日本消化器病学会(4月15~17日、ウェブ併催)で、IBSの病態をはじめ、国際的な診断基準Rome Ⅳの採用、エビデンスの蓄積が進む治療法などGLの改訂ポイントを解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  6年ぶり改訂、過敏性腸症候群GLのポイント

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536448 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外