メニューを開く 検索 ログイン

2剤以上のbDMARD無効例にJAK阻害薬が有効

トファシチニブ、バリシチニブ投与例を解析

2021年05月20日 05:10

 関節リウマチ(RA)の薬物療法においては、2剤以上の生物学的製剤(bDMARD)に治療抵抗性を有し、対応に難渋するケースを経験することがある。青森県立中央病院リウマチ膠原病内科部長の金澤洋氏は、このような症例(D2T-RA)に対するJAK阻害薬の有効性を検討。高い寛解率や低疾患活動性達成率が得られたと第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  2剤以上のbDMARD無効例にJAK阻害薬が有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536440 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外