メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  2剤以上のbDMARD無効例にJAK阻害薬が有効

2剤以上のbDMARD無効例にJAK阻害薬が有効

トファシチニブ、バリシチニブ投与例を解析

2021年05月20日 05:10

10名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)の薬物療法においては、2剤以上の生物学的製剤(bDMARD)に治療抵抗性を有し、対応に難渋するケースを経験することがある。青森県立中央病院リウマチ膠原病内科部長の金澤洋氏は、このような症例(D2T-RA)に対するJAK阻害薬の有効性を検討。高い寛解率や低疾患活動性達成率が得られたと第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  2剤以上のbDMARD無効例にJAK阻害薬が有効