メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ嗅覚・味覚障害がウイルス負荷に関連

軽症COVID-19患者を調査

 2021年05月21日 05:10
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のPCR検査で感染の有無を判定する際の指標となるCt値をめぐっては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断時のウイルス量や重症度との間に負の相関が認められたといった報告はあるものの、症状や遷延期間との関連について報告は少ない。慶應義塾大学呼吸器内科の中川原賢亮氏は、第61回日本呼吸器学会(4月23~25日、ウェブ開催)で、同院に入院した無症状・軽症のSARS-CoV-2陽性者の症状とCt値との関連を検討した結果、診断時の低Ct値は嗅覚・味覚障害の出現や高ウイルス負荷、PCR検査の陰性化期間遷延に関連していたと報告した。その上で、「嗅覚・味覚障害は高ウイルス負荷の患者の推定になりうる可能性があり、COVID-19の感染制御においてもその評価が重要になる」との考えを示した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ嗅覚・味覚障害がウイルス負荷に関連