メニューを開く 検索 ログイン

小児のCOVID-19関連新疾患に5学会指針

MIS-C/PIMS

2021年05月21日 15:14

17名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の小児患者において、毒素性症候群や川崎病を疑わせるような多臓器に強い炎症を起こす小児COVID-19関連多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)の発症例が報告されている。日本小児科学会など関連5学会は、「小児MIS-C/PIMS診療コンセンサスステートメント」を作成し、5月19日に公開した。MIS-C/PIMSは新しい疾患概念であり、診断が難しく治療法も定まっていない。ステートメントでは初診時にMIS-C/PIMSの診断基準を満たさなくても、急激に症状の悪化を来す例があるとして、MIS-C/PIMSを早期に疑い、的確に診断および治療につなげるために、疑うべき患者の症状や鑑別診断の方法などを提示。その上で「MIS-C/PIMSと似た病態を示す疾患の鑑別診断を常に念頭に置いて診療する必要がある」としている(関連記事「コロナ感染で発生、小児多系統炎症性症候群」「新型コロナ感染川崎病患児は認められず」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  小児のCOVID-19関連新疾患に5学会指針

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536475 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外