メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

FoundationOneリキッド、BRCA陽性前立腺がんの第3のコンパニオン診断として承認

2021年05月21日 11:17

1名の医師が参考になったと回答 

 中外製薬は5月20日、リキッドバイオプシー検査であるFoundationOne Liquid CDxがんゲノムプロファイルが、BRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対するPARP阻害剤オラパリブ(商品名リムパーザ)のコンパニオン診断として承認されたと発表した。

 BRCA遺伝子変異陽性mCRPCに対するオラパリブは昨年(2020年)12月に国内承認され、コンパニオン診断としては血液を検体として生殖細胞系列変異のみを検出するBRACAnalysis診断システム検査と腫瘍組織を検体として体細胞変異と生殖細胞系列変異を検出する包括的がんゲノムプロファイル検査であるFoundationOne CDxが認めれており、両検査の使い分けが注目されていた。今回の承認により、検査の使い分けについてさらなる議論を呼びそうだ(関連記事「前立腺がんコンパニオン診断で学会が見解」「前立腺がんBRCA検査をどう考えるか」「どうする? 前立腺がんへのオラパリブ」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  FoundationOneリキッド、BRCA陽性前立腺がんの第3のコンパニオン診断として承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536489 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外