メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

低用量アスピリンでも心血管リスク不変

動脈硬化性心血管疾患患者1万5,000例超で検討

 2021年05月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Duke UniversityのW. Schuyler Jones氏らは、動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)患者1万5,000例超を対象に、アスピリンの低用量(81mg/日)投与と高用量(325mg/日)投与の有効性と安全性を検討する非盲検実用的ランダム化比較試験を実施。その結果、心血管イベントおよび大出血のリスクに関して両群で有意差がなく、長期アドヒアランスは低用量群で良好だったとN Engl J Med2021年5月15日オンライン版)に発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  低用量アスピリンでも心血管リスク不変