メニューを開く 検索 ログイン

コロナ発症リウマチ患者、予後改善の要点

日本リウマチ学会レジストリデータを解析

2021年05月24日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を発症したリウマチ性疾患患者の臨床像や予後などに関しては、まだ不明な点が多い。北海道大学大学院免疫・代謝内科学教室講師の奥健志氏は、日本リウマチ学会が運用しているレジストリデータを解析し、COVID-19に罹患したリウマチ性疾患患者の臨床像や予後予測因子などについて、第65回同学会(4月26~28日、ウェブ開催)で報告。同患者の予後改善に寄与するポイントを示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  コロナ発症リウマチ患者、予後改善の要点

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536409 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外