メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

米・二重特異性抗体amivantamabがEGFRエクソン20挿入変異陽性NSCLCで迅速承認

 2021年05月24日 10:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米食品医薬品局(FDA)は5月21日、二重特異性抗体amivantamab-vmjwについて、プラチナ製剤ベースの化学療法既治療の進行上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子エクソン20挿入変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する初の治療薬としてを迅速承認したと発表した。

 amivantamab-vmjwはEGFRおよび間葉上皮転換因子(MET)を標的とした二重特異性抗体。今年(2021年)1月にウェブ開催された世界肺癌学会(WCLC 2020)で発表された第Ⅰ相試験CHRYSALISの最新解析では、プラチナ製剤ベースの化学療法既治療の進行EGFRエクソン20挿入変異陽性NSCLC症例81例において、客観的奏効率は40%、奏効期間中央値は11.1カ月だったことが示されている(関連記事「EGFR-TKI抵抗性NSCLCに対するamivantamab」)。今回の承認ではコンパニオン診断としてGuardant360 CDxも承認されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・二重特異性抗体amivantamabがEGFRエクソン20挿入変異陽性NSCLCで迅速承認