メニューを開く 検索 ログイン

コロナ診療で広がる高流量鼻カニュラ

人工呼吸器などの医療資源を節減

2021年05月25日 18:32

29名の医師が参考になったと回答 

 装着の簡便性などさまざまな利点を備え、急性呼吸不全患者の新たな呼吸管理の手段として注目されている高流量鼻カニュラ酸素療法(ネーザルハイフロー、HFNC)。神戸市立医療センター中央市民病院副院長兼呼吸器内科部長の富井啓介氏は第61回日本呼吸器学会(4月23~25日、ウェブ併催)で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の治療に当たる医療機関および同院において急速にHFNCの使用が広がっていると報告。国内のガイドライン(GL)では院内感染の懸念からHFNCの積極的な使用は勧められていないが、COVID-19患者が急増する現状で人工呼吸器の枯渇を防ぐなど医療資源を節約するデバイスとして有用であり、「今後は、医療現場の使用状況に応じてGLも変わっていくのではないか」との見方を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ診療で広がる高流量鼻カニュラ

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536518 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外