メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

TNBCに対するEGFR-TKIゲフィチニブ+抗IL-26抗体の治療効果がマウスモデルで明らかに

 2021年05月25日 13:41
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 トリプルネガティブ乳がん(TNBC)は治療標的が存在しない難治がんであり、予後不良である。順天堂大学大学院免疫病・がん先端治療学の伊藤匠氏らは、マウスモデルにより上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)ゲフィチニブとインターロイキン(IL)-26標的治療の併用が有用である可能性を明らかにし、Cell Death Dis2021; 12: 520)で報告した(関連記事「潰瘍性大腸炎の病態メカニズムに『新説』」)。

 TNBCはEGFRの発現が認められるため、EGFRが治療標的となる可能性が示唆されてきたが、EGFRを標的とした治療の効果は乏しかった。一方、IL-26はさまざまな炎症性疾患やがんで過剰発現するとされる。同氏らはヒトのIL-26を産生する遺伝子改変マウスを用いてTNBCモデルを作製。ゲフィチニブ投与による腫瘍細胞の小胞体ストレスがIL-26産生を導きゲフィチニブ耐性を獲得すること()、抗IL-26抗体の併用により治療抵抗性は減弱することを明らかにした。

図. IL-26によるゲフィチニブ耐性獲得のメカニズム

28143_fig01.jpg

(順天堂大学プレスリリースより引用)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  TNBCに対するEGFR-TKIゲフィチニブ+抗IL-26抗体の治療効果がマウスモデルで明らかに