メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

抗PD-1抗体の売上、ペムブロがニボを上回る可能性

 2021年05月25日 13:49
プッシュ通知を受取る

 抗PD-1抗体であるニボルマブ(商品名オプジーボ)とペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)はがん免疫療法のパラダイムシフトとなった代表的な免疫チェックポイント阻害薬(ICI)だが、その売上はペムブロリズマブの方が大きいことが示唆された。立命館大学テクノロジー・マネジメント研究科の児玉耕太准教授らがJ Pers Med2021; 11: 460)で報告した。

 現在創薬の中心は生物学性製剤の割合が増加し、特に近年の創薬の技術は細胞治療、遺伝子治療など多種多様に展開している。これを受け、製薬企業では自社が保有しない技術や経験を取り入れるため社外組織とのコラボレーションが重要視され、活発化している。

 同氏らは1999〜2018年に米食品医薬品局(FDA)から新規承認されたがん領域の低分子化合物と生物学的製剤を対象に、全世界の戦略的取引(提携、買収、投資)について調査し、抗がん薬開発に特徴的な外部取引について作用機序別に比較検討。ICIは他の抗がん薬と比べて組織間取引が有意に活発で、その多くは併用療法開発のための提携であること、ニボルマブとペムブロリズマブは世界的な売上の飛躍や継続的な適応拡大が認められ、特にペムブロリズマブは積極的な外部連携の結果によりその売上はニボルマブを上回ることなどが示唆された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  抗PD-1抗体の売上、ペムブロがニボを上回る可能性