メニューを開く 検索 ログイン

腎デナ、シャム対照で難治高血圧に効果示す

RADIANCE-HTN TRIO試験

2021年05月26日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 血管内超音波照射による腎デナベーション(腎神経焼灼術:RDN)が、治療抵抗性高血圧患者で有意な降圧を示すことが初めて明らかになった。2カ月と短期の追跡ではあるが、シャム群を対照に設置、自由行動下血圧測定(ABPM)を用いて検討した多施設単盲検ランダム化試験RADIANCE-HTN TRIOで判明したもので、結果は米・Columbia University Irving Medical CenterのAjay J. Kirtane氏らが、米国心臓病学会(ACC.21、5月15~17日、ウェブ開催)で発表。Lancet2021年5月16日オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  腎デナ、シャム対照で難治高血圧に効果示す

error in template: found but mtif was expected