メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病の下肢狭窄診断に3つの検査を推奨

ABI+下肢動脈エコー+知覚閾値の計測

2021年05月26日 05:10

4名の医師が参考になったと回答 

 末梢動脈疾患(PAD)は糖尿病患者の10%程度に合併し、重症下肢虚血(CLI)に至るリスクが高いとされている。東北大学病院生理検査センター生理検査部門長の三木俊氏は、自施設での下肢動脈エコー検査データを検討し、第32回日本心エコー図学会(4月23~25日、ウェブ開催)でその結果を発表。「PADは糖尿病と密接な関係があり、足関節上腕血圧比(ABI)だけでは軽度〜中等度の狭窄病変を診断できない場合がある。PADの早期発見・早期治療のためには、糖尿病患者にABIだけでなく下肢動脈エコーと知覚閾値の計測を併せて行うのがよいと考える」と報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  糖尿病の下肢狭窄診断に3つの検査を推奨

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536493 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外