メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬

動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬

炎症・血栓症マーカーを著明に低下

2021年05月26日 17:55

20名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米国の40施設で実施された第Ⅱ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)で、抗インターロイキン(IL)-6抗体薬のziltivekimabがアテローム性動脈硬化症に有効性を示した。ziltivekimab群では、高感度C反応性蛋白(hsCRP)をはじめ、アテローム性動脈硬化に伴う炎症・血栓症に関わるバイオマーカーが著明に低下。同疾患の将来的な治療に抗炎症療法が加わる可能性が示唆された。米・Brigham and Women's HospitalのPaul M. Ridker氏が米国心臓病学会(ACC.21、5月15~17日、ウェブ開催)で発表。詳細がLancet2021年5月17日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬