メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬

炎症・血栓症マーカーを著明に低下

 2021年05月26日 17:55
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 米国の40施設で実施された第Ⅱ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)で、抗インターロイキン(IL)-6抗体薬のziltivekimabがアテローム性動脈硬化症に有効性を示した。ziltivekimab群では、高感度C反応性蛋白(hsCRP)をはじめ、アテローム性動脈硬化に伴う炎症・血栓症に関わるバイオマーカーが著明に低下。同疾患の将来的な治療に抗炎症療法が加わる可能性が示唆された。米・Brigham and Women's HospitalのPaul M. Ridker氏が米国心臓病学会(ACC.21、5月15~17日、ウェブ開催)で発表。詳細がLancet2021年5月17日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  動脈硬化に新たな治療、抗IL-6抗体薬