メニューを開く 検索 ログイン

左心耳閉鎖術が脳卒中リスクを3割抑制

心房細動患者約5,000人対象の多施設RCT

 2021年05月26日 18:11
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 心房細動(AF)患者において、心臓手術と同時に施行する左心耳閉鎖術が脳梗塞予防に有効であることは幾つかの研究で示されているが、ランダム化比較試験による検証は行われていない。カナダ・McMaster UniversityのRichard P. Whitlock氏らは、心臓手術予定のAF患者を対象とした左心耳閉鎖術に関する多施設共同ランダム化比較試験(LAAOS III)を実施。心臓手術と同時に左心耳閉鎖術を受けたAF患者では虚血性脳卒中または全身性塞栓症の発生リスクが3割低下したことを、N Engl J Med2021年5月15日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

月末に期限迎える緊急事態宣言。どう考える?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  左心耳閉鎖術が脳卒中リスクを3割抑制