メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

AIで大腸がんの遺伝子変異を予測

2021年05月26日 13:13

 遺伝子変異量(Tumor Mutation Burden;TMB)が多いTBM-highでは腫瘍特異抗原(ネオアンチゲン)の発現が⾼く、免疫チェックポイント阻害薬の効果が期待できる。ただし、その同定には次世代シークエンサーを⽤いた解析が必要となるためコストが課題となる。新潟大学大学院消化器・⼀般外科学分野教授の若井俊⽂氏らは、⼤腸がん病理標本スライドの深層学習により⼤腸がんのTBM-highを予測する⼈⼯知能を開発、J Gastroenterol2021; 56: 547-559)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  AIで大腸がんの遺伝子変異を予測