メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

AIで大腸がんの遺伝子変異を予測

 2021年05月26日 13:13
プッシュ通知を受取る

 遺伝子変異量(Tumor Mutation Burden;TMB)が多いTBM-highでは腫瘍特異抗原(ネオアンチゲン)の発現が⾼く、免疫チェックポイント阻害薬の効果が期待できる。ただし、その同定には次世代シークエンサーを⽤いた解析が必要となるためコストが課題となる。新潟大学大学院消化器・⼀般外科学分野教授の若井俊⽂氏らは、⼤腸がん病理標本スライドの深層学習により⼤腸がんのTBM-highを予測する⼈⼯知能を開発、J Gastroenterol2021; 56: 547-559)に報告した。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  AIで大腸がんの遺伝子変異を予測