メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

bDMARDとJAK阻害薬、どう使い分ける?

 2021年05月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 日本では関節リウマチ(RA)に対し、1999年にメトトレキサート(MTX)が、2000年代に生物学的製剤(bDMARD)が承認。さらに2013年以降、JAK阻害薬が承認され、選択肢が豊富になった。産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏は、bDMARDおよびJAK阻害薬の効果を引き出すために医師が診るべき要点について、第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ併催)で解説した。(関連記事「BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  bDMARDとJAK阻害薬、どう使い分ける?