メニューを開く 検索 ログイン

bDMARDとJAK阻害薬、どう使い分ける?

2021年05月27日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 日本では関節リウマチ(RA)に対し、1999年にメトトレキサート(MTX)が、2000年代に生物学的製剤(bDMARD)が承認。さらに2013年以降、JAK阻害薬が承認され、選択肢が豊富になった。産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏は、bDMARDおよびJAK阻害薬の効果を引き出すために医師が診るべき要点について、第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ併催)で解説した。(関連記事「BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  bDMARDとJAK阻害薬、どう使い分ける?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで