メニューを開く 検索 ログイン

スタチン不応例の予測法とは

血中成熟型PCSK9濃度が有用か

2021年05月27日 15:32

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 @Getty Images

 急性冠症候群(ACS)など冠動脈疾患(CAD)の予防では、スタチンを中心とするLDLコレステロール(LDL-C)低下療法が重要となる。近年、国内外のガイドラインは積極的な脂質低下療法を推奨する傾向にあり、新たな脂質異常症治療薬も登場しているが、投与開始前にスタチンが効きにくい患者(スタチン反応性低下例)を予測する方法は確立されていない。国立循環器病研究センターの九山直人氏らは、血中PCSK9濃度とスタチン反応性低下の関係を検討。成熟型PCSK9濃度の上昇がスタチンの効果減弱に関与することが分かったと、J Am Heart Assoc2021年5月15日オンライン版)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  スタチン不応例の予測法とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536517 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外