メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

GLSを指標にSGLT2阻害薬で心房細動抑制

 2021年05月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 日本では、高齢者人口の増加により「心不全パンデミック」といわれる心不全患者の顕著な増加が見込まれており、器質的心疾患のないステージAの段階から発症抑制への取り組みが求められている。第32回日本心エコー図学会(4月23~25日、ウェブ開催)で、神戸大学大学院循環器内科学講師の田中秀和氏は「心エコー検査における長軸方向のストレイン(global longitudinal strain;GLS)の低下は心筋の組織学的機能低下を反映している。糖尿病などの基礎疾患を有する心不全患者に対し、GLSガイド下で適応を見極めてSGLT2阻害薬を投与すれば、新規の心房細動(AF)発症が抑制できると考える」と述べた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  GLSを指標にSGLT2阻害薬で心房細動抑制