メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ関連血栓症、ヘパリンの至適用量は?

コロナ関連血栓症、ヘパリンの至適用量は?

予防用量 vs. 治療用量

2021年05月28日 05:05

34名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に合併する血栓症については、質の高い比較試験のデータがなく予防・治療法がいまだに確立されていない。そのため、各学会のエキスパートオピニオンや各施設独自の指針に従い、対応しているのが現状である。琉球大学感染症・呼吸器・消化器内科学の仲村秀太氏は第95回日本感染症学会/第69回日本化学療法学会(5月7~9日、ウェブ併催)で、COVID-19に合併する血栓症について、最新知見を踏まえ抗凝固療法の開始基準やヘパリン投与量、退院後の血栓症予防などを解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ関連血栓症、ヘパリンの至適用量は?