メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

胎児治療はどこまで進んだのか

現状と将来展望を解説

 2021年05月28日 18:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 子宮内の胎児の診断や治療は困難だが、1963年にRh不適合妊娠の胎児貧血に対するX線ガイド下の胎児腹腔内輸血が報告されて以降、さまざまな治療が試みられている。聖隷浜松病院(静岡県)総合周産期母子医療センター副センター長/産科部長の村越毅氏は、双胎間輸血症候群(TTTS)に対するレーザー治療をはじめとした保険収載済みの治療や、現在開発が進められている治療について第73回日本産科婦人科学会(4月22〜25日、ウェブ併催)で解説した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  胎児治療はどこまで進んだのか