メニューを開く 検索 ログイン

パーキンソン病の神経変性メカニズムを解明

ミトコンドリア由来の細胞質DNAが関与

2021年05月28日 05:00

7名の医師が参考になったと回答 

 新潟大学脳研究所脳病態解析分野教授の松井秀彰氏らの研究グループは、パーキンソン病(PD)モデルの培養細胞やゼブラフィッシュを用いた実験で、PDの病態形成とミトコンドリア、ライソゾーム(リソソーム)との関連を検討。ミトコンドリア由来DNAの細胞質漏出によって炎症反応や細胞死、神経変性が惹起されることが明らかになったとNat Commun2021; 12: 3101)に報告した。今後、PDや同様の発症メカニズムを持つ疾患の治療法開発につながる可能性があるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  パーキンソン病の神経変性メカニズムを解明

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536560 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外