メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

36.6万人規模の大規模ゲノムコホートを構築:個別化医療/予防の実現に向けて

 2021年05月28日 12:46
プッシュ通知を受取る

 日本医療研究開発機構(AMED)は5月27日、国内の6つの研究機関の包括的な共同研究の枠組みとして国内ゲノムコホート連携を構築したと発表した。連携により、36.6万人規模のゲノムコホートデータの相互利用が可能となり、日本人の疾患発症に影響を与える遺伝的素因の解明や発症リスク予測モデルの構築などのゲノム疫学研究が促進し、個別化医療/予防やリスク予測などの次世代医療の早期実現に貢献することが期待される。参加期間は下記の通り。

  • TMM計画(15万人:岩手医科大学、東北大学)
  • J-MICC研究(10万3,000人:名古屋大学)
  • JPHC研究(5万4,000人:国立がん研究センター)
  • TMC研究(1万1,000人:慶應義塾大学)
  • HERPACC2、3研究(4万8,000人:愛知県がんセンター病院)

図. 連携概要

28188_fig01.jpg

(AMEDプレスリリースより引用)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  36.6万人規模の大規模ゲノムコホートを構築:個別化医療/予防の実現に向けて