メニューを開く 検索 ログイン

公立病院への支援強化 交付税3割引き上げ―武田総務相〔時事メディカル〕

2021年05月28日 11:25

 武田良太総務相は28日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、地方自治体が運営する公立病院への財政支援を強化すると発表した。過疎地などの「不採算地区」にある公立病院が対象で、病院の運営経費を支援する自治体への特別交付税額を、現行よりも3割引き上げる。

 総務省によると、約310の公立病院が対象となる見通し。特別交付税の配分額は、公立病院の病床数などに応じた「基準額」によって決まる。例えば、近くに他の病院がない100床の公立病院であれば、現行の基準額は年間約1.5億円だが、これを約2億円に増額する。

(2021年5月28日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  公立病院への支援強化 交付税3割引き上げ―武田総務相〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536605 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外