メニューを開く 検索 ログイン

心不全を防ぐRNAを解説

RNA医薬の開発、他疾患への応用にも期待

2021年05月29日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

 心不全は予後が不良で、高齢化の進展に伴い国内外で患者が増えている。しかし、左室駆出率がある程度保たれた病型(HFpEF)などへの治療法が十分に確立されておらず、健康寿命を延伸する上で大きな課題となっている。そうした中、熊本大学などの研究グループは、マウスの心筋細胞に存在し、心不全の進行に抑制的な働きをする長鎖ノンコーディングRNA(IncRNA)を同定(Nat Commun 2021; 12: 2529)。心不全の新規治療法開発につながるとして、研究グループの一員で同大学大学院生命科学研究部分子遺伝子学講座教授の尾池雄一氏が、日本抗加齢医学会WEBメディアセミナー(5月19日開催)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全を防ぐRNAを解説

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536514 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外