メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

心不全を防ぐRNAを解説

RNA医薬の開発、他疾患への応用にも期待

 2021年05月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 心不全は予後が不良で、高齢化の進展に伴い国内外で患者が増えている。しかし、左室駆出率がある程度保たれた病型(HFpEF)などへの治療法が十分に確立されておらず、健康寿命を延伸する上で大きな課題となっている。そうした中、熊本大学などの研究グループは、マウスの心筋細胞に存在し、心不全の進行に抑制的な働きをする長鎖ノンコーディングRNA(IncRNA)を同定(Nat Commun 2021; 12: 2529)。心不全の新規治療法開発につながるとして、研究グループの一員で同大学大学院生命科学研究部分子遺伝子学講座教授の尾池雄一氏が、日本抗加齢医学会WEBメディアセミナー(5月19日開催)で解説した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全を防ぐRNAを解説