メニューを開く 検索 ログイン

米・コロナ入院患者の薬剤使用パターン

カリフォルニア州における10カ月の解析結果

2021年05月31日 17:18

6名の医師が参考になったと回答 

 米・University of California Irvine, School of Pharmacy & Pharmaceutical SciencesのJonathan H. Watanabe氏らは、カリフォルニア州の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者における各種COVID-19治療薬候補の使用状況を解析し、結果をJAMA Net w Open2021; 4: e2110775)に発表した。昨年(2020年)3月から12月にかけて、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンと抗菌薬アジスロマイシンの使用率が大幅に低下したのとは対照的に、ステロイド系抗炎症薬デキサメタゾンと抗ウイルス薬レムデシビルの使用率が大幅に上昇。一方、抗凝固薬のエノキサパリンとヘパリンがそれぞれ6割、4割程度もの患者に血栓予防・治療を目的に使用されていた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  米・コロナ入院患者の薬剤使用パターン

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536527 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外