メニューを開く 検索 ログイン

握力と大腿周囲径は死亡の有用な予測因子

地域住民を6年間追跡

2021年06月01日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 愛媛大学大学院地域医療学講座教授の川本龍一氏らは、地域住民を対象に握力および大腿周囲径と生命予後との関連を検討した結果を第12回日本プライマリ・ケア連合学会(5月21~23日、ウェブ開催)で報告。「握力および大腿周囲径の増加に伴い死亡リスクが低下した。握力と大腿周囲径は死亡の予測因子として有用である可能性が示唆された」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  握力と大腿周囲径は死亡の有用な予測因子

error in template: found but mtif was expected