メニューを開く 検索 ログイン

ニボルマブが進行肝細胞がんに有効性示す

国際共同試験で世界初の証明、安全性も問題なし

2021年06月01日 05:00

 近畿大学内科学教室内科部門主任教授の工藤正敏氏らの国際共同研究グループは、肝機能不良の進行肝細胞がん(HCC)患者に対するニボルマブの有効性と安全性を検討する第Ⅰ/Ⅱ相多施設共同非盲検非比較試験Check-Mate040を実施。その結果、有効性は肝機能良好の患者と同等で、安全性にも問題がなかったことをJ Hepatol2021年5月26日オンライン版)に報告。肝機能不良の進行HCCに対するニボルマブの有効性および安全性を証明したのは、世界初。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ニボルマブが進行肝細胞がんに有効性示す

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536609 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外