メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病患者の肝がん発症率は年間0.1%

日本糖尿病学会・日本肝臓学会による合同調査

2021年06月03日 17:55

7名の医師が参考になったと回答 

 肝がんは糖尿病患者で増加する主要ながんの1つとされている。日本糖尿病学会は5月24日、日本肝臓学会と共同で行った両学会の研修指定病院に通院中の2型糖尿病患者に対する調査の結果を発表した。それによると、肝がんの発生率が年間0.1%程度で、肝臓の線維化の指標であるFIB-4インデックスの値が発がんのリスク予測因子として極めて有用であることが判明したという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病患者の肝がん発症率は年間0.1%

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536666 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外