メニューを開く 検索 ログイン

小中学校、休校を 新型コロナ専門家会議で医師意見―沖縄県〔時事メディカル〕

2021年06月03日 14:55

 沖縄県は2日、医師で構成する新型コロナウイルスの専門家会議を開いた。県内では緊急事態宣言の出た5月23日以降も感染者の増加が止まらず、会議では小中学校の休校を求める意見が出た。県は3日に対策本部会議を開き、追加対策が必要か議論する。

 会議後、県立中部病院の高山義浩医師は記者団に「医療が受けられない人はまだ出ていないが、全員が入院できる状態ではなくなっている」と説明。児童生徒の感染が増えており、会議では2週間程度の休校が必要との意見が出たという。

 成人の患者の行動を調べたところ、複数で飲酒した人が多いことから、会議では酒類を提供する店舗の休業の徹底を求める意見が出た。大型商業施設については休日の休業要請を訴える意見があった。

jiji2106031.jpg

(2021年6月3日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  小中学校、休校を 新型コロナ専門家会議で医師意見―沖縄県〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536695 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外