メニューを開く 検索

抗MDA5抗体皮膚筋炎にJAK阻害薬を上乗せ

2021年06月04日 05:05

10名の医師が参考になったと回答 

 皮膚筋炎は自己免疫性の炎症性筋疾患で、体幹や四肢近位筋などの筋力が低下する指定難病である。特に抗melanoma differentiation-associated gene(MDA)5抗体が検出される症例では間質性肺炎を高率に合併し、死亡するケースもある。東北大学病院リウマチ膠原病内科病院講師の白井剛志氏らは、抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎難治例に3剤併用療法+血漿交換療法+リツキシマブを施行し、さらにJAK阻害薬トファシチニブを上乗せする高強度寛解導入療法を実施。従来療法に比べ生存率が有意に上昇したと第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  抗MDA5抗体皮膚筋炎にJAK阻害薬を上乗せ