メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

喫煙所は感染しやすい場所、閉鎖・使用停止に賛成との意見が約6割

在宅勤務などにより受動喫煙頻度が増加

 2021年06月04日 11:23
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターは5月31日、世界禁煙デーに合わせて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とたばこに関するアンケートの結果を発表した。

 調査の結果、喫煙者はSARS-CoV-2に感染した際に重症化しやすいと考えているのは55.0%、喫煙所は感染拡大しやすいと考えているのは59.4%、感染対策の一環として喫煙所を閉鎖することへの賛成は58.3%であり、いずれも半数を超えた。

 ステイホームや在宅勤務などによる受動喫煙の頻度の変化については、増えたとの回答が10.6%だったのに対し、減ったとの回答は1.6%に過ぎなかった。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  喫煙所は感染しやすい場所、閉鎖・使用停止に賛成との意見が約6割