メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

バイエル、買収により前立腺がん標的放射線治療の開発進むか

 2021年06月04日 11:27
プッシュ通知を受取る

 ドイツ・Bayerは6月3日、Noria TherapeuticsとPSMA Therapeuticsを買収したと発表した。この買収により、前立腺特異的膜抗原(PSMA)を標的としたアクチニウム225による標的α線治療(targeted alpha therapy:TAT)の開発の進展が期待される。

 TATは治療が困難な腫瘍に対する新規の放射性核種療法。初の製剤として同社のラジウム233(商品名ゾーフィゴ)が開発され、わが国でも骨転移のある去勢抵抗性前立腺がんに対し2016年に承認されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  バイエル、買収により前立腺がん標的放射線治療の開発進むか