メニューを開く 検索 ログイン

周術期のBZ系薬処方が乱用のきっかけに

初めて処方された患者の5人に1人が継続使用

2021年06月04日 17:55

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 抗不安薬・睡眠薬として用いられるベンゾジアゼピン(BZ)系薬は依存性が高く、乱用が世界的に問題となっている。米・Columbia UniversityのJason D.Wright氏らは、一般的な手術を受けた約250万例のデータを基に周術期のBZ系薬使用頻度と継続使用について検討。周術期のBZ系薬処方率は全体の2.6%で比較的低かったものの、初めて処方された患者の5人に1人が継続使用していたとして、乱用のきっかけとなりうることに警鐘を鳴らした。詳細はJAMA Netw Open2021; 4: e2112478)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  臨床医学 »  周術期のBZ系薬処方が乱用のきっかけに

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536713 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外