メニューを開く 検索 ログイン

コロナ感染後の大学生アスリートに心筋炎

心臓MRIによるスクリーニング法の検討

2021年06月07日 16:57

36名の医師が参考になったと回答 

 米・Ohio State UniversityのCurt J. Daniels氏らは、米国の大学スポーツリーグBig Ten Conference加盟校の運動選手1,597例を対象に、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染後の心筋炎の有病率とスクリーニング方法について検討。その結果、心筋炎の有病率は心臓症状のみに基づく(無症状者には臨床検査や心臓MRIを実施しない)方法を用いた場合は0.31%にすぎないが、症状の有無を問わず全例に心臓MRIを追加した場合は2.3%に上昇し、7.4倍になったとJAMA Cardiol2021年5月27日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナ感染後の大学生アスリートに心筋炎