メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

アルツハイマー薬、米で承認 世界初、エーザイが共同開発〔時事メディカル〕

 2021年06月08日 09:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)は7日、日本の製薬大手エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認したと発表した。これまでは進行を一時的に遅らせる薬しかなく、認知機能低下への根本的な治療薬の承認は世界初。高齢化に伴う患者数急増が懸念される中、使用への期待が高まっている。

 FDAは承認理由について、患者の脳内に蓄積し発症に至るとみられる物質「アミロイドβ(ベータ)」が、同薬の投与によって一貫して減ることが臨床試験(治験)で確認されたと説明。一方で、認知機能の低下を抑えることができたとする治験結果を疑問視する声が専門家から出ている。このためFDAは、今後追加で行う治験で意図した効果が示せなければ、承認を取り消す可能性もあるとくぎを刺した。

 同薬は軽度の患者に月1回の投与を想定。昨年以降、日本や欧州連合(EU)などでも承認申請されている。

 エーザイの内藤晴夫最高経営責任者(CEO)は「アルツハイマー病治療の歴史に新たな1ページを開くことができた」と承認を歓迎した。

jiji060801.jpg

(2021年6月8日 時事メディカル)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  アルツハイマー薬、米で承認 世界初、エーザイが共同開発〔時事メディカル〕