メニューを開く 検索 ログイン

国産ワクチン開発遅れ、「体制強化を」

日本ワクチン学会が見解

2021年06月08日 15:35

11名の医師が参考になったと回答 

 日本では、海外メーカー3社(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンが承認されているが、国内メーカー製品は臨床試験が進んでいるものの承認申請のめどは立っていない。6月4日、こうした現状について日本ワクチン学会が見解を公表。「国内でのワクチン開発や生産体制強化に向けた長期戦略について、多方面からの対策を検討すべき」と提言した。(関連記事:「AZワクチン、まず日本での活用が不可欠」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  国産ワクチン開発遅れ、「体制強化を」

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536747 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外