メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

PARP阻害薬の治療効果にXRCC1が影響

 2021年06月08日 14:29
プッシュ通知を受取る

 東京都立大学大学院理学研究科化学科教授の廣田耕志氏と元・京都大学大学院医学研究科放射線遺伝学教授の武田俊一氏らは、PARP阻害薬の治療効果にDNA修復蛋白であるXRCC1が治療効果に大きな影響を及ぼすことをMolecular Cellで報告した(2021年6月7日オンライン版)。  同氏らは、XR...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  PARP阻害薬の治療効果にXRCC1が影響