メニューを開く 検索 ログイン

発熱外来で遠隔聴診デバイスが活躍

2021年06月09日 05:00

 豊田地域医療センター(愛知県)は昨年(2020年)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行期にトヨタ自動車から貸与されたワゴン車を発熱外来として開設。院内に場所を移した現在も新しい感染防止策を採用している。藤田医科大学連携地域医療学講座/同センター総合診療科在宅部門長の近藤敬太氏は、導入した遠隔聴診器について非接触であり感染リスクに対する医療従事者の心理的負担の軽減にもつながったと、第24回日本遠隔医療学会(2月11~25日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  発熱外来で遠隔聴診デバイスが活躍

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536685 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外