メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

発熱外来で遠隔聴診デバイスが活躍

 2021年06月09日 05:00
プッシュ通知を受取る

 豊田地域医療センター(愛知県)は昨年(2020年)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行期にトヨタ自動車から貸与されたワゴン車を発熱外来として開設。院内に場所を移した現在も新しい感染防止策を採用している。藤田医科大学連携地域医療学講座/同センター総合診療科在宅部門長の近藤敬太氏は、導入した遠隔聴診器について非接触であり感染リスクに対する医療従事者の心理的負担の軽減にもつながったと、第24回日本遠隔医療学会(2月11~25日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  発熱外来で遠隔聴診デバイスが活躍