メニューを開く 検索 ログイン

強迫性障害で虚血性脳卒中の発症リスク3倍

2021年06月09日 14:23

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 強迫性障害(OCD)患者は肥満や糖尿病、高血圧などの脳卒中に関連する危険因子の保有率が高いことが報告されている。だが、OCD患者の脳卒中リスクに関しては明確に分かっていない。こうした中、台湾・Taipei Veterans General HospitalのMu-Hong Chen氏らは、同国の国民健康保険データを用いた研究の結果、OCD患者では後年に虚血性脳卒中を発症するリスクがOCDのない人と比べ約3倍に上昇していたとStroke2021年5月27日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  強迫性障害で虚血性脳卒中の発症リスク3倍

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで