メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  レイノー現象に"使い捨てカイロ"が有効

レイノー現象に"使い捨てカイロ"が有効

全身性強皮症患者対象の多施設試験

2021年06月10日 05:00

21名の医師が参考になったと回答 

 全身性強皮症患者に高頻度で発生するレイノー現象には、カルシウム拮抗薬やホスホジエステラーゼ5阻害薬による薬物治療が施行されるが、有効性や忍容性は必ずしも高くない。そこで大阪大学大学院血管作動温熱治療学共同研究講座の渡邉あかね氏は、使い捨てカイロによる持続的な加温機器を用いて、レイノー現象への有効性を検討する多施設共同試験を実施。専用ホルダーに収納した使い捨てカイロで継続的に肘部を加温することで、同現象を緩和できたと第65回日本リウマチ学会(4月26~28日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  リウマチ・膠原病 »  レイノー現象に"使い捨てカイロ"が有効