メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ダラツムマブ皮下注で多発性骨髄腫の負担減

 2021年06月10日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 ヤンセンファーマは6月3日、今年(2021年)3月に多発性骨髄腫(MM)を適応症として承認されたヒト型抗CD38モノクローナル抗体ダラツムマブとボルヒアルロニダーゼ アルファ配合の皮下投与製剤(商品名ダラキューロ®配合皮下注、以下、ダラツムマブSC)に関するメディアセミナーを開催。登壇した日本赤十字社医療センター(東京都)骨髄腫アミロイドーシスセンター顧問の鈴木憲史氏は「患者および医療従事者の負担が軽減され、より多くのがん患者の治療が可能となる」と述べ、ダラツムマブSCに対する期待を示した。(関連記事:「ダラツムマブ皮下投与製剤が多発性骨髄腫で国内承認」

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ダラツムマブ皮下注で多発性骨髄腫の負担減