メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

歯科インプラント、治療期間短縮でQOL改善

歯周組織再生薬の併用で骨造成を促進

 2021年06月10日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 歯科インプラント治療では、治療が長期に及ぶことで患者QOLが低下する。第64回春季日本歯周病学会(5月21〜6月22日、ウェブ開催)で高井歯科医院(広島県)院長の高井康博氏は、歯の喪失に伴い歯槽骨の欠損を呈する症例に対し、歯周組織再生薬トラフェルミン(商品名リグロス®)を用いることで歯科インプラントの治療期間を短縮できることを報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  歯科インプラント、治療期間短縮でQOL改善